2014/11/03 このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 【社内ニートJavaプログラマに捧げる】Closed環境での暇のつぶし方

【社内ニートJavaプログラマに捧げる】Closed環境での暇のつぶし方




仕事しないで時間をつぶすなんて、やってはいけません。
他のチームメンバーやリーダーに「何か手伝う事はありませんか?」と聞くなり、
前倒しして、作業を進めていくのが社会人たる基本です。



ただ、どうしても、プロジェクトで やる気の無い 暇な時というのはおとずれます。
そんな時にインターネットにもつながらない。何もやる事が無い!そんなあなたに送るエントリです。




・"JDK_HOME/bin"のパスが通っている事を前提とします。






















コマンドプロンプト(ターミナル)からこのコマンドを打ち込んでください。
すると、JavaScriptの対話環境モードに入ります。





これでREPLのようにJavaScriptをバババと書けます。楽しい!
ただし、コマンドライン上だと1行(ワンライナー)でコードを書かないと認識してくれません。 これを回避するためには、JavaScriptをjsファイルに書いておき、
jrunscriptコマンド実行時にファイル読み込みすればOKです。



周囲からはコマンドをバシバシ打ち込んでるように見えるので、
仕事してる感じがそこはかとなく溢れます。


JavaScriptも学べる上に暇つぶしになるなんて素敵!

jrunscript上では、Javaのクラスも呼び出す事が出来ます。
コマンドプロンプトからコードを書いてSwingを呼び出したりも出来ます!!



Javaチャンピオンのさくらばさんが過去に詳しく書かれていますので、こちらを参照してください。
言語の中の言語 - Scripting






「Console グラフィカルユーザーインタフェースは、Java Management Extensions (JMX) 仕様に準拠した監視ツールです。
Java 仮想マシン (Java VM) の広範なインストゥルメンテーションを使用して、
Java プラットフォームで実行されるアプリケーションのパフォーマンスと
リソース消費に関する情報を提供します。」

jconsole の使用より引用



コマンドプロンプト(ターミナル)からこのコマンドを打ち込んでください。 JVM上の処理の監視が出来ます。これを立ち上げていると気分的にはデイトレーダーですね。


IDEやAPサーバーはJVM上で動いているため、
どのぐらいのクラス数をローディングしているか。メモリ消費はどの程度か
などを知る事が出来ます。

また、スレッドダンプなども出来ますし、大変便利!


暇なときにボーッと眺めていると、勘のいい人ならボトルネックを発見出来るかもしれません。

たしかJavaSE1.5から利用出来ます。





「Java VisualVM は、指定された Java 仮想マシン (JVM*) で
Java テクノロジベースのアプリケーション (Java アプリケーション) が
実行されているときに、その Java アプリケーションに関する詳細な情報を
提供する直感的なグラフィカルユーザーインタフェースです。
Java VisualVM という名前は、Java VisualVM が JVM ソフトウェアに関する情報を
「視覚的に」提供するという事実に由来しています。」



jvisualvm - Java 仮想マシンの監視、トラブルシューティング、およびプロファイリングツールより引用




コマンドプロンプト(ターミナル)からこのコマンドを打ち込んでください。


jvisualvmに関してもjconsoleとほぼ同様です。 引用文の通り、jconsoleとほぼ同じですが、GUIがリッチな感じがします。
こちらの方が目に優しいですし、ユーザビリティは高いかも。


jconsoleはあれはあれでシンプルなのが良いです。
jvisualvmの方が新しく、JDK Version 6 Update 7 以上にバンドルされています。








仕事はやるべき事ですが、リフレッシュも必要です。
しかし、周囲にサボっているように見られては、自分も相手も気分の良い関係を保てず、メリットがありません。


遊んでいるようで、そこから仕事につながっていくのがプログラマの楽しいところであると思います。


その利点を活かして、Javaで遊んでいれば、トレーニングにもなりますし、暇もつぶせますし、
次のアイデアのヒントになります。





みなさん、楽しいJDKライフを送ってください!














0 件のコメント:

コメントを投稿